プロフィール | About Akira Kobayashi

kobayashi-akira2014年4月1日現在、国際日本学部の准教授として、「国際教育交流論」などを教える傍ら、学部国際交流委員会(送出し部会)委員長として、海外留学や海外インターンシップ・ボランティアのプログラム開発、運営に携わっています。国際日本学部では2008 年4月の開設当時から、「海外留学入門」を教えながら、長短期の留学プログラムの立ち上げを通して、可能なかぎ り多くの学生に異文化適応の機会を提供することを目標に努力しています。中でも開設を推進したFlorida State UniversityとWalt Disney World Resort®との提携によるフロリダ州オーランド市における半年間のDisney Academic Internshipプログラムは学生たちの支援を得て、年々参加者が増えていることに喜びを感じています。今現在の目標は、多様な英語レベルや財政状況の学生のためにアメリカの州立2年制大学(community college)への半年間正規留学を100万円以内で実現することと、半年間あるいは1年間の海外留学+インターンシップのプログラムを提供することです。

学外では、1976年以来、特定 非営利活動法人国際教育交流協議会(JAFSA)の広報、研修、渉外、編集委員、理事等を務め、2012年6月より同会副会長を務めています。大学や大学関係者の国際化を推進することを目的とした組織です。その延長線上の活動として、1999-2001年にアメリカ国際教育担当者協議会(NAFSA)の日本関連研究グループの座長を務め、年次総会・研究会や地域別研究会で教育制度、留学生の傾向、日米教育交流などに関連した多数のセッションやワークショップを提供する機会に恵まれ、多くの友人を得ました。学生の皆さんにも、留学等、国境を越えた活動を通じて、多国籍の人々と集い、その中から多くの友人をつくって欲しいと願っています。

自分の海外との関わりは、40年も前のサンフランシスコ郊外でのホームステイに始まりました。その経験に触発されて、学生時代にアメリカ、韓国、インドなどへの学生研修プログラムを企画、実施しましたが、長期間の海外生活に憧れて、1977-79年在シンガポール日本国大使館に派遣員として勤務しました。この外務省派遣員制度では、本学部2期生の藤田君が現在トリニダード・トバゴ日本大使館に赴任しています。1988 年大学事務職員を対象とするフルブライト奨学金を得てアメリカの大学で国際教育交流業務の最先端を学ぶ機会を得ました。その6年後の1994~95年、10代からの念願がかなって、2回目のフ ルブライト奨学金のお陰もあり、ミネソタ大学大学院のUniversity Policy and Administrationに留学することができました。帰国後、調査研究活動を継続し1999年同大学院より修士号を取得しました。一つの夢を実現するために相当長い年月をかけましたが、夢は見るだけではなく、追い求めるものだと実感した体験でした。

亜細亜大学26年間の在職中は、国際教育交流プログラムの開発、管理運営に大半を費やしましたが、シンガポール2年間、アメリカ1年間の休職と我ままを通させて頂き、感謝しています。2002年3月に退職し、マーシー・スミスと共同で国際教育企画を設立しました。海外留学希望者を支援していましたが、2011年11月からはアメリカ国務省教育文化局傘下のEducationUSAアドバイジングセンターネットワークの一つ、EducationUSA West Tokyo(アメリカ留学支援センター)の指定を受けて、アドバイザーとしてアメリカ留学を志す人を公的な立場からも支援しています。

1953年、広島県比婆郡(現庄原市)に生まれました。趣味は、映画鑑賞、パラモーター、セスナの操縦(免許はシンガポール大使館在勤中に取得)、スキー、居合道(全日本居合道連盟五段)等です。

Akira Kobayashi
Associate Professor, Meiji University School of Global Japanese Studies

Akira has over 30 years of experience in international education. He is a graduate of Asia University, a two-time Fulbright Scholarship recipient and holds an MA in Educational Policy and Administration from the University of Minnesota.

Akira has been a member of JAFSA since 1980 and served as the Vice President. He is also a member of NAFSA, has presented numerous sessions and was the Co-Chair of the Japan Special Interest Group.

As a former administrator at Asia University, Akira pioneered an innovative study abroad program from conception to full-scale operation in close cooperation with the University president. The Asia University America Program (AUAP) is the largest private university group study abroad program worldwide.

Currently, as a professor of Meiji University, Akira teaches “International Education,” “Introduction to Study Abroad,” and an “International Education Practicum.” He has been instrumental in establishing the international programs for Meiji’s School of Global Japanese Studies most notably, the Disney Academic Internship Program.

Load More
Something is wrong. Response takes too long or there is JS error. Press Ctrl+Shift+J or Cmd+Shift+J on a Mac.