現役大学生の海外留学論:第3章 留学して分かったこと

この章では、2つのことが述べられています。まず1つとして、学生たちが海外留学で実際に体験したことを通じて自分の中にどんな変化が生まれたかということ、すなわち自分と真摯に向き合うことで分かったことです。日常生活の些細なことや人々との交流によってそれまで考えも及ばなかったうようなことに気付いたりした体験などです。

2つ目は留学前には到底分からなかったであろう留学の期間と成果について考察しています。よく留学は長ければ長い方が良いと言われますし、極端な場合は、修学旅行や語学研修など短期的なプログラムは留学とは言えないなどと言い放つ人がいます。果たして実際に様々な形で海外留学を経験した学生たちは留学期間と成果についてどう感じているのでしょうか。将来留学を考えている皆さんにとっては、きっと参考になると思います。

飛行機に乗り遅れそうになったこと。乗り継ぎを2回して目的地に行く際、経由する空港で乗り継ぎ時間が40分しかなか Read More >>

留学生活を通して自分自身が変わったことは、「ありのままで挑戦する度胸」である。留学へ行く前は、自分の英語に自信 Read More >>

留学先では、不測の事態は必ず起きるもの。その驚きを楽しんでみるくらいの気概がほしい。私はアメリカのインディアナ Read More >>

これは必ずしも必要ではないが、日本で使うもの、たとえば箸や茶碗、湯飲みなどを持っていくと外国人の友達と仲良くな Read More >>

留学を経験すると、客観的に見た日本人というイメージがわかってくる。日本人の良いところは優しい、親切などが挙る。 Read More >>

留学で困ったことは、「Thank you=ありがとう」という言葉に対する意識のギャップである。何かもらった時、 Read More >>

2015年、なりたい顔ランキングNo.1を獲得した女優の石原さとみさん。最近はドラマに映画にとひっぱりだこだ。 Read More >>

留学半年間を経て帰国してから、ある違和感を抱いていた。それは留学以前に仲良くしていた何人かの友人と会話が成立し Read More >>

留学しなくとも国際理解を進めることは出来ると考える。理由は、国際理解を推進する方法が留学だけとは限らないからだ Read More >>

留学期間とその経験から得られる成果は必ずしも比例しない。確かに留学期間が長ければ長いほど、より大きな成果を出す Read More >>

留学から帰ってきて2週間ほど経った頃、私は就職活動のためにTOEICを受けた。150点上がっていた。その時は4 Read More >>

留学における成果、つまり目標設定をどこに置くのかがこの問題の大前提である。語学の上達、習得という成果であるなら Read More >>

留学は長ければ長いほど、環境に適応できる語学力や生活スタイルを学ぶことができるので、比例すると考える。しかし、 Read More >>

留学していた期間の長短と成果は人によると思う。しかし、期間が長い方がより多くの経験ができることは確かだ。留学先 Read More >>

留学の期間と成果の関係性は、その人の目標が何かによるであろう。一般的に考え、語学の習得を目標とする場合は期間と Read More >>

目的をもって留学へ行き、自分なりに何かを得ることが出来れば、3ヶ月の留学でも実のあるものになると考える。長期間 Read More >>

長期じゃないと留学は意味がないのか―今回はこの議題について論じたいと思う。結果から言ってしまえば、期間に関係な Read More >>

結論から言うとなりえると思う。国語辞典によれば、留学の定義は「その他、特に外国に、かなり長期間とどまって勉学す Read More >>

どちらかといえば比例しやすいと思う。なぜなら期間が長ければ長いほど、目標に対してアプローチできる時間も長い。長 Read More >>

留学の期間と成果は比例しないと考える。何を成果とするかにもよるが、語学力を目的とした留学であれば、なおさら比例 Read More >>

長期じゃないと留学は意味がないということを言う人がいる。結果から言ってしまえば、期間に関係なく自分が目標をもっ Read More >>