留学は就職活動において非常に大きなメリット

石崎純也

私の場合、留学は就職活動をするにあたって、非常に役に立った。留学のおかげで就職することができたといっても過言ではない。そして就職活動を終え、客観的に見ても留学は就職に有利であると思う。もちろん、人によってどのような留学形態だったか、どこに留学したのか、どのくらいの期間だったのか、そしてどんな経験だったのかなど、みなバラバラであり、中には留学で成長しなかったと考える人もいるだろう。しかし現代の就職活動において、最も大切なことは「大学時代に頑張ったこと」を面接官に自信をもって話すことである。そしてその材料として留学は非常に有効的である。なぜなら留学というだけで、単身で海外に行くといった挑戦マインド、日本人以外と触れ合うコミュニケーション能力、語学力、異文化理解能力、海外で暮らすといった適応力、現地で勉強したという勤勉さ、あらゆる面のアピールに利用でき、結果として成功する。だからこそ、留学は就職活動において非常に大きなメリットなのだ。

コメントを残す





このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください