留学するかしないかは、その人次第

石崎純也

 「誰もが留学する必要なはい」、当然である。留学は何かしらの形で人々に影響を与えるが、それがプラスに働くか、マイナスに働くかはその人次第である。そしてその要因は、その人の性格、留学先の環境、運、さまざまである。たくさんの友達ができたり、自身の人生を変えたりする何かが起きるかもしれない。友達に裏切られたり、犯罪に巻き込まれたりして死亡してしまうかもしれない。留学をよかったと考える人、そうでない人が存在するのだ。またもっと言えば、留学をしなくても、楽しくキャンパスライフを送る人、人生を成功させる人たちがいる。その人次第なのだ。だからこそ留学は強制されて行うものではなく、選択して行わなければならない。世界を知りたい人、日本を知りたい人、やりたいことは人それぞれである。

コメントを残す





このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください